役員


理事長挨拶

いっそう公正で信頼性の高い
検定試験の実施を目指して

 

 

 

一般財団法人 日本中国語検定協会
理事長 上野 惠司

 

 言うまでもないことですが,国と国との交流を深め,友好を促進していくうえで最も大切なことは相互理解であります。理解の方法は一つにとどまりません。相手の国の言語を習得するということは,その一つであり,とりわけ重要な意義をもっています。日本と中国との間においてわたくしたちの立場で言えば,一人でも多くが中国の文化を理解し,一人でも多くが正しい中国語の力を身に付けることではないでしょうか。

 中国語を習得する方法は,学習者によって様々です。この学習者に,学習の成果を判断する基準を示し,学習意欲の持続を図るとともに,客観的な評価基準として社会に受入れられやすい制度を作ることは,中国語教育に携わる者にとっての責務と考え,わたくしたちは1981年秋に第1回中国語検定試験を実施いたしました。以来今日に至るまで,評価基準,評価方法の検討を重ねながら,試験を実施してまいりました。その結果,中国語運用能力の客観的評価基準としての社会的評価も定着し,現在では,年間志願者数4万人,累積志願者数109万人,累積合格者数41万人という日本国内最大規模の中国語資格試験に成長しました。

 国交回復後40年余を経過し,経済的にも文化的にも,日中間の往来はいよいよ盛んになり,今後とも,中国語学習者の数は増え,それにつれて中国語検定試験の重要性は増すばかりと思われます。わたくしたちといたしましても,いっそう公正で信頼性の高い検定試験の実施を目指し,学習者とともに,少しでも日中両国の交流に貢献できるよう,努力を重ねてまいる所存であります。
 関係する皆様のご理解とご支援を切にお願いする次第です。

理事

理事長   上野 惠司 (共立女子大学・名)
副理事長  内田 慶市 (関西大学)
副理事長  張   勤 (中京大学)
王  占華 (北九州市立大学) 佐藤 利行 (広島大学)
竹越  孝 (神戸市外国語大学) 村上 公一 (早稲田大学)
李  錚強 (共立女子大学) 魯  暁琨 (文京学院大学)

評議員

植田  均 (熊本大学) 王  志英 (沖縄大学)
奥村佳代子 (関西大学) 加藤  徹 (明治大学)
塩山 正純 (愛知大学) 地蔵堂貞二 (滋賀県立大学)
清水賢一郎 (北海道大学) 杉村安幾子 (金沢大学)
村 麻実 (大手前大学) 千野万里子 (杏林大学)
千葉 謙悟 (中央大学) 趙  秀敏 (東北大学)
富平 美波 (山口大学) 藤井 達也 (和光国際高等学校)
森山美紀子 (東海大学) 楊  凱栄 (東京大学)
李  長波 (同志社大学)  

監事

大島 吉郎 (大東文化大学) 大塚 秀明 (日本大学)

名誉理事

宮田 一郎 荒屋 勸
平松 圭子 林   芳
櫻井 明治 顧  明耀
黒坂 満輝 児野 道子
岩佐 昌ワ 阿邉  淳
日下 恒夫 佐藤 晴彦

2018年6月現在

Page Top